HOME > 新着情報 > 【一部訂正と追加のご案内】看護学士課程教育の質を高めるカリ…

新着情報 一覧

【一部訂正と追加のご案内】看護学士課程教育の質を高めるカリキュラム開発に関する研修会(平成29年12月25日(月))

■フライヤー1225Flyer

■公文書(日看大協41-2号)1225JANPUSeminar

一般社団法人日本看護系大学協議会 会員校 社員の皆様

9月27日付(公文書、日看大協第41号)で、「看護学士課程教育の質を高めるカリキュラム開発に関する研修会」についてご案内を差し上げております。このたび、研修会のフライヤーが出来上がりましたので郵送いたします。教員の方への周知にご活用いただけますと幸甚に存じます。 また、「看護学士課程教育のコアとなる構造と内容(仮称)」の発刊を平成29年10月予定としておりましたが、11月以降に延期となりましたのでご報告いたします。発行され次第JANPUホームページに掲載するとともに、各会員校にメールで通知いたします。また各会員校様には冊子5部の発送を予定しています。本研修会参加(WEB視聴も含め)時は、お手元にご用意ください。 年末の御多忙の時期に恐れ入りますが、多くの会員校様にご出席いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

1.趣旨
高齢者人口の増大を背景に、地域や在宅での医療・看護のニーズが高まり、多様なヘルスケアニーズに対応できる看護専門職の育成が喫緊の課題となり、看護学教育の改革、質の保証へのJANPUの責任は益々重大になってきています。 そこでJANPUでは、平成23年に示された「大学における看護系人材養成の在り方に関する検討会最終報告(平成23年3月11日)」の「学士課程においてコアとなる看護実践能力と卒業時到達目標(5群20の看護実践能力:コア・コンピテンシー)」を発展的に改良し、この度「看護学士課程教育のコアとなる教育の構造と内容(仮称)」として発表することに致しました。さらに今般は、看護学教育のカリキュラム編成の参考となるものとして、日本学術会議からは「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準看護学分野」が9月29日に公表されており、また文部科学省からは「看護学教育モデル・コア・カリキュラム(案)」の公表が予定されています。以上のような状況を踏まえ、JANPUでは、大学における看護学教育の質の向上を目指し、改めてカリキュラム開発に関する研修会を、下記のとおり実施することと致しました。

2.日時:平成29年12月25日(月)13:00~16:00(*12:00より受付開始)

3.会場:日本赤十字看護大学 広尾ホール(東京都渋谷区広尾4丁目1番3号) https://www.redcross.ac.jp/about/access
1225map

4.参加対象者:JANPU会員校に所属している教員。会場の都合により、1会員校1~2名までのご参加でお願い致します。

5.参加費:会場参加は無料

6.WEB視聴:
本企画は多くの看護系大学教員に参加してもらうことを意図し、後日WEB視聴も可能といたします。WEB視聴を申し込まれた会員校には、視聴のためのID等をお送りします。IDは1会員校内であれば参加人数に制限はありません。尚、WEB視聴はセミナー当日の約1か月後から可能となります。 視聴期間は3か月間を予定しておりますが、ご要望多数の場合には延長も可能です。具体的な日程が確定でき次第、WEB視聴を申し込みされた会員校様には改めてJANPU事務局より連絡いたします。   
■WEB視聴の費用は10,000円(1会員校)会場参加とWEB視聴の両方に申し込むことも可能です。

7.申込方法:申込書をFAXまたはE-MAILでご提出ください。
1225Form1225Form

8.申込期日:平成29年12月18日(月)まで
当日の参加も可能ですが、資料準備の都合上、平成29年12月18日(月)までに、FAXまたはメてお申し込みください。

9.主なプログラム:   
1)看護学教育の質保証とJANPUの取り組みについて
JANPU代表理事 上泉和子

2)看護学教育カリキュラム、その制度の理解について     
日本看護学教育評価機構(仮称)設立準備委員会JANPU担当理事 菱沼典子   

3)「看護学士課程教育のコアとなる構造と内容(仮称)-カリキュラム編成への活用について-」について
JANPU看護学教育評価検討委員会担当理事 小山眞理子   

4)パネルディスカッション “看護学教育質保証 -様々な基準の統合と活用-”     
各会員校におけるカリキュラム開発に資するものとして、JANPU「看護学士課程教育のコアとなる構造と内容(仮称)」、日本学術会議「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準看護学分野」、文部科学省「看護学教育モデル・コア・カリキュラム(案)」があります。それぞれをどのように活用して各大学が質の向上に取り組むか、看護学士教育が目指すべき方向性に関するJANPUとしての見解、評価の視点等も含めて議論、検討し、会員校が理解を深め取り組みを進める機会にしたいと考えます。

パネリスト:高田早苗、内布敦子、菱沼典子、小山眞理子、上泉和子     
座長:井上智子、岡谷恵子

■問い合わせ先   一般社団法人日本看護系大学協議会 事務局   TEL:03-6206-9451  FAX:03-6206-9452  E-mail:office@janpu.or.jp

ページの先頭へ