HOME > 高度実践看護師情報(CNS/NP)

高度実践看護師情報(CNS/NP)

高度実践看護師とは

■高度実践看護師とは

高度実践看護師(APN:Advanced Practice Nurse)は、高い専門性と優れた看護実践能力をもつ看護職者のことです。高度実践看護師には、専門看護師(CNS:Certified Nurse Specialist)とナースプラクティショナー(NP:Nurse Practitioner)の2種類があります。

高度実践看護師教育課程と資格の関係
■高度実践看護師の仕事

高度実践看護師は、質の高い看護ケアを提供するために次のような活動をしています。

高度実践看護師の仕事

高度実践看護師資格取得までの流れ

■高度実践看護師になるためには

高度実践看護師になるためには、以下の全ての条件を満たしている必要があります。

1.日本国の看護師の免許を有すること。
2.看護実務経験が5年以上あり、そのうちの3年以上は専門とする特定分野の経験であること。
3.本協議会が定める高度実践看護師教育課程をもつ大学院修士課程で、必要な単位を習得して修了していること。
* 専門看護師には、現在、「がん看護」「精神看護」「地域看護」「老年看護」「小児看護」 「母性看護」「慢性看護」「クリティカルケア看護」「家族看護」「感染看護」「在宅看護」 「遺伝看護」「災害看護」「放射線看護」の14分野の教育課程があります。
* ナースプラクティショナーには、現在、「プライマリケア看護」の教育課程があります。
4.認定試験に合格すること。
(1)専門看護師は、日本看護協会で行う認定試験に合格すること。
(2)ナースプラクティショナーは、本協議会のJANPUナースプラクティショナー(JANPU-NP)資格認定委員会が行う認定試験に合格すること。
■資格取得の流れ
資格取得の流れ
■高度実践看護師教育課程検索

日本看護系大学協議会が認定している高度実践看護師教育課程の検索ができます。

高度実践看護師教育過程
							検索ページ

■高度実践看護師教育機関及び課程 認定単位一覧

PDFはこちらからダウンロードできます

PDFはこちらからダウンロードできます

こちらもあわせてご覧ください

高度実践看護師教育課程について

■資格認定のスケジュール

各詳細・申請書類・要項等は以下よりご確認ください

実務経験/教育課程の修了

資格認定審査
CNS:日本看護協会

※日程が急遽変更になる可能性もございます。
必ず日本看護協会のホームページにて最新の情報を随時ご確認ください。

2021年度(予定)
時期 申請者の動き
7月頃 申請書類の提出
(webまたは郵送)
審査料の振込
10月頃 書類審査の合否の確認
10月20日(水) 筆記試験
12月頃 筆記試験合否の確認
認定料の振込
1月頃 氏名・施設名の公開/非公開の登録
1〜2月頃 認定証の受領
NP:日本看護系大学協議会
2021年度(予定)
時期 申請者の動き
3月24日(水)
〜4月14日(水)
(当日消印有効)
審査申請書および申請書類の提出
(記録の残る方法で郵送)
審査料の振込
4月26日(月)〜 書類審査の結果通知(郵送)
5月16日(日) 面接試験
5月28日(金)〜 認定審査結果の通知(郵送)
合格通知受取〜
6月18日(金)
認定登録料の振込
認定登録料振込確認後 登録者名簿記載内容の確認

5年ごとの更新

CNSもNPも、認定後も5年ごとに更新審査を受ける必要があります。

ページの先頭へ

専門看護師をめざす